TOPページ > コレステロールについて > LDLコレステロールが低いことによるリスク

LDLコレステロールが低いことによるリスク

スポンサードリンク


LDLコレステロールが低いことによるリスクには、どのようなことが挙げられるのでしょうか。
基本的に、総コレステロールは高いよりも低い方が望ましいとされています。
コレステロールが気になる方は、圧倒的に高いことが多いですよね。

でも、HDLコレステロールにしろ、LDLコレステロールにしろ、高ければ高いほどいいのかというとそうではなく、低すぎてもよくないといわれています。

LDLコレステロールは悪玉コレステロールと言われるように、あまり多くてはよくないものではありますが、人間の体には必要不可欠のものですから、なくなったら困るわけです。
ですから、LDLコレステロールは基準値内であることが必要なのです。

ちなみに、LDLコレステロールの基準値は、60~140mg/dl未満といわれていて、これより低い場合は、基準値内になるように改善する必要が出てきます。ただ、数値が低いからといって即治療というわけでもありません。

コレステロール以外の状況も確認したうえで、適切な治療をする必要があります。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る